【映画】モガディシュ 脱出までの14日間

 韓国映画モガディシュ 脱出までの14日間』を観る。
 1980年代、韓国は国連への加盟が承認されていなかった。そのため、国連で最多の投票権を持つアフリカ諸国に働きかけ、ソマリアの首都モガディシュにも外交官を派遣していた。そこでは、同じく国連加盟を求めて北朝鮮が政府の支持を求めて奔走していた。妨害工作や情報操作でしのぎを削る韓国と北朝鮮。ところが、1991年、ソマリア内戦が勃発し、両国の大使館員とその家族たちは孤立を余儀なくされてしまう。街には銃弾が雨あられと飛びかい、空港は封鎖され、通信網も断絶し、自国に助けを求めることもできない状況。彼らは、生きて脱出するために手を組み、助かる一縷の望みにすべてを託して、4台の車で銃弾の中に乗り出していくのだった!
 いやあ、凄かった。政府軍と反乱軍の激突であっという間に街は廃墟と化し、地獄絵が展開されていく。その描写のリアルなこと。そこでは、人間の命など、紙よりも軽い存在でしかなかった。このあたりの描写が実に怖いのだ。
 行き場をなくした北朝鮮の大使館員たちが韓国大使館に助けを求め、韓国大使館側も人道的観点から受け入れはしたものの、長年にわたる歴史ゆえにお互いに疑心暗鬼をぬぐいさることはできない。その、ギクシャクした関係の描写に始まり、命がけの脱出行を通じてしだいに心を通い合わせていくという展開は、それこそお約束ではあっても、キャラクター描写がしっかりしているので、実に説得力がある。もっとも、心を通い合わせていくといっても、お互いにニコニコと手を握り合ったりするような露骨なシーンは1箇所たりともない。ほんのさりげない描写で、描いているだけなのだ。このあたりの演出も実にみごとだ。キャラクターがしっかり生きているからこそ、説得力がある。
 そして、脱出行の迫力が凄い。4台の車に襲いかかる銃弾、銃弾、また銃弾。思わず、息を止めて画面に釘付けになってしまった。
 監督のインタビューを読むと、可能な限りグリーンバックによる合成を排除し、原則として現地で撮影することにこだわったのだという。なるほど、それゆえのリアリティであり、迫力というわけだ。
 しかし、よくまあ全面海外ロケの作品で、これだけスケールの大きな作品を撮ったものだと感心してしまう。あの地獄と化した街を作り上げるだけでも、相当な手間がかかったはず。なにしろ、車で走り続けるのだから、一箇所だけセットを作ればいいというわけではないだろう。実際にはモロッコで撮影したらしいのだけれど、韓国映画界の底力にはいまさらのように驚かされる。
 監督はリュ・スンワン。韓国の映画監督の名前はほとんど知らないのだけれど、このリュ・スンワンの名前だけはしっかり覚えている。『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』『血も涙もなく』といった作品の、ザラリとした肌触りのハードボイルド映画のインパクトが強かった。本作を見終えてから監督がリュ・スンワンと知り、なるほどと納得させられた。
 ところで、サブタイトルに「脱出までの14日間」とあるのだけれど、この映画って14日間の物語だったの? 内戦勃発から脱出まで14日もあったように思えなかったのだけれど。

【読書】丸山正樹『デフ・ヴォイス』創元推理文庫

 丸山正樹『デフ・ヴォイス』創元推理文庫を読了。
 埼玉県警の事務職員であった荒井は、ある理由から県警を去り、再就職のために手話通訳士の資格をとる。ろう者の家族に育った荒井は、子どもの頃から家族の通訳をしていたため、手話は使い慣れていたのだ。そして、手話通訳士として働くなかで、ある殺人事件の謎に巻き込まれていく。それは、彼が17年前に手話通訳として関わり、悔やんでも悔やみきれない展開をみせた事件ともつながりのある事件だった。
 ううっ、最後の最後でじわ~っときてしまった。実際に泣きはしなかったけれど、「感涙必至」という帯の惹句になんら文句はない。なぜじわ~っときてしまったかというと、徹頭徹尾、著者が誠実に物語に対峙しているからなのだと思う。
 描かれているのは、いままで自分とはまったくかかわりのなかった手話の世界であり、ろう者の世界である。もちろん、手話を使って会話をしている人を街中などで見かけたことはある。だけど、自分の身近にはただのひとりもいなかった。いないにはそれなりに理由のあることなのだろうけれど、いままでそういうことを考えたこともなかった。
 そういうまったく知らなかった世界に触れることができるのが読書のひとつの魅力であるなら、本書などはまさにその素晴らしい一例といえよう。
 だが、それだけではなく、本書はミステリとしても非常に読ませてくれる。主人公と一緒になって謎に翻弄された。そして、どういう着地点に辿り着くのか、まったく予想がつかないまま、最後の1ページまでぐいぐいと引っ張られるようにして読んでしまった。本当に、とても面白かった。
 主人公をめぐる日常のエピソードもいい。それだけに、ある場面では主人公に向かって「それだけはやっちゃダメだあ!」って叫びもした。
 「この借りは、いつか必ず返す。」のセリフが再び出てきたところでは、「そうだったかあ!」と思わず喜んでしまった。やられた。すっかり忘れていたら、こんなところで出てきたか。
 それに、議員の最後のセリフもいい。こういうひと言でちゃんと登場人物たちのその後をおざなりにせずにフォローするところも、実にお見事。こういうところも、著者が誠実に物語に対峙しているという印象につながっているのだろう。

 このシリーズは現在、第4作まで出ているとのこと。本作に出てくる刑事を主人公にしたスピンオフのシリーズも出ているとのこと。また、読みたい本が増えてしまった。

【映画】燃えよデブゴン 豚だカップル拳

 サモ・ハン主演の燃えよデブゴン 豚だカップル拳』を観る。原題は「搏命單刀奪命槍」。
 観てわかったのは、この邦題、内容となんの関係もないってことだ。英語のタイトルが「Odd Couple」なもんだから、無理矢理「カップル」という言葉を入れたのだろうけれど、なんの意味もないタイトルだということだけはよくわかった。
 刀の名手・一代刀王(サモ・ハン)と、槍の名手・一代槍王(ラウ・カーウィン)は、むかしからのライバルで、毎年決着をつけようと闘っているのだけれど、お互いの手の内を知り尽くしているので、どうしても引き分けに終わってしまう。そこで、お互いに弟子を育てて、その弟子に対決させて決着をつけようということになる。
 一代刀王が弟子にしたのはスイカ売りのウィン(ラウ・カーウィン)という若者。一代槍王が弟子にしたのは船頭のア・ヨウ(サモ・ハン)という若者。お互いにこの2人を鍛え上げて、いよいよこのふたりを対決させようと画策する師匠たちだったが、そこに一代刀王と一代槍王のふたりに怨みを持つウォン(レオン・カーヤン)が復讐のために現れるのだった。
 というわけで、サモ・ハンとラウ・カーウィンのふたりが、師匠と弟子の役を入れ替えながら一人二役を演じるという、実にむちゃくちゃな企画の映画なのである。よくこんなことを思いついたな。
 1979年の作品である。ジャッキー・チェンで言えば『ヤング・マスター/師弟出馬』の前年なので、新しいタイプのクンフー映画が登場する直前の作品ということになる。なので、アクションの演出や音楽などもいささか古めかしい。古めかしいけれど、やってることはめちゃくちゃレベルが高い。サモ・ハンとラウ・カーウィンのアクションの素晴らしさに惚れ惚れとしてしまう。
 監督はラウ・カーウィン、武術指導はサモ・ハンとブルース・ロー、その武術指導のアシスタントがユン・ピョウ、ラム・チェンイン、ビリー・チャン。なかなかの顔ぶれだ。さらに名前を列記すると、製作がカール・マッカ、脚本がレイモンド・ウォン、ライ・ワイマン、音楽がフランキー・チェンなのである。その後の香港映画を隆盛に導く人間が、がっつり顔を揃えているではありませんか。
 ディーン・セキ、マース、ラム・チェンイン、チョン・ファトといった名前が出演者として並んでいるのも実に懐かしい。
 内容は恥ずかしいくらいにくだらない作品なのだけれど、昔懐かしいクンフーアクションを満喫できる愛すべき作品なのでありました。
 ちなみに借りてきたDVDはHDリマスター版ということで、めちゃくちゃ画質がよくてびっくりしてしまった。

【映画】フラッシュオーバー 炎の消防隊

 中国映画『フラッシュオーバー 炎の消防隊』を観る。
 危険物を大量に貯蔵している化学工場で爆発が発生し、吹き出た炎はあっという間に周辺の大規模工業団地を巻き込み、一帯は瞬く間に炎に包まれた。吹き出した爆風に襲われ、広範囲にわたって建物は崩壊し、助けを求める者がいたるところに発生する。
 そこにまっさきに駆け付けたのが、別の事故で近くに来ていたジャオ隊長の率いる消防隊だった。彼らは、救助のために危険なエリアに突き進んでいく。だが、災害の規模は想像以上だった。しかも、工業団地に貯蔵されていた危険物に炎が近づきつつあった。もし、それが爆発を起こせば、被害は街全体に及び、計り知れないレベルの環境被害をも引き起こすことが予想されるのだった!
 いやあ、凄い。あっという間に阿鼻叫喚の地獄図が発生し、それ以降は一瞬の緩みもなく、ひたすら壮絶な描写が続くのだ。しかも、あとからあとから凄い描写が続くというのに、それがまったく一本調子にならない。とんでもない災害に目を釘付けにされたまま、いっきにエンドクレジットまで連れて行かれてしまうのだ。
 それにしても、中国の消防隊、凄いな。いや、消防隊に限らず、あっという間に現場に駆け付けて救援態勢を整える医療部隊も実に凄い。彼らの一糸乱れぬ活躍を観ていると、思わず胸が熱くなってしまう。もちろん、現実の中国の消防隊がこうだと思っているわけではないのだけれど、大規模災害の続いている日本で、こうした組織が作られていたらと、つい思ってしまった。
 監督は『the EYE 【アイ】』『アブノーマル・ビューティー 死亡写真』などのオキサイド・パン。久しぶりに彼の名前を見たと思ったら、かつての監督作品からは想像もつかないような、とてつもなくスケールの大きな作品で再会することになってビックリしてしまった。ダンテ・ラムが撮ったというのならとっても納得のいく作品なのだけれど、まさかオキサイド・パンがこのようなディザスタームービーを撮るとは思ってもみなかった。
 ちなみに、ダンテ・ラム監督には『レスキュー(緊急救援)』という似たタイプの映画があったが、あれに匹敵する迫力の映画だと思ってもらっていいだろう。ところが、いま調べてみたら、オキサイド・パンには、双子の弟であるダニー・パンと組んで撮った『インフェルノ 大火災脱出』というディザスタームービーがあるというではないか。おおっ、完全に見逃していたぞ。そういう作品があって、本作に繋がっていたのか。これは、観なければ。
 中国の俳優には疎いので、本作の俳優についてもぜんぜん知らないのだけれど、ジャオ隊長を演じているワン・チエンユエンという役者が、モノマネ芸人の原口あきまさに似ている気がして、そこだけはちょっと残念。いや、彼らに罪はいっさいないのだけれど。
 本作は劇場公開していたらしいのだけれど、残念なことにまったく気がついていなかった。公式ホームページを見ると、埼玉県での上映はなく、都内はシネマート新宿だけだったようだ。このあたりのアンテナがすっかり鈍っているようで、反省しなければ。

 

【映画】アダン 禁断の果実

 フィリピン映画『アダン 禁断の果実(Adan)』を観る。

 父親(ベンボル・ロッコ/Bembol Roco)と2人きりで、山奥で暮らしているエレン(レン・エスカノ/Rhen Escano)。16才になった彼女は、会話を交わす相手もなく、鬱屈した日々を過ごしていた。月に一度、姉のように慕う幼なじみのマリアン(シンディ・ミランダ/Cindy Miranda)が訪ねてきてくれることだけが彼女の楽しみだった。
 干ばつが続いたため農作物は育たず、父親は借金を返すことができず、借金取りは金を返すかわりに娘を差し出せと脅してくる。それを盗み聞いたエレンは、かねてよりエレンに恋心を抱いていた同性愛者のマリアンに助けを求め、2人で父親を殺害して町に逃げ出す。
 一緒に暮らすことで互いに愛し合うようになるエレンとマリアンだったが、2人で町に出たところを借金取りに見られ、やがて警察の捜査の手も伸びてくるのだった……。

 製作がひたすらエロティック路線を突き進んでいるビバフィルムなので、本作もレン・エスカノとシンディ・ミランダのレズビアンシーンを売り物にした官能サスペンスとなっている。最近、日本でリリースされるフィリピン映画は、ほぼほぼすべてがこの手の作品なので、いささか辟易しているのだけれど、日本語字幕がついているという誘惑には勝てずに手を出している次第だ。まあ、エロティックな場面さえ入れればあとは監督の好きなように撮らせているという雰囲気はあるので、そこでどれだけ監督が力量を発揮しているかという部分を唯一の楽しみとして観ているのだけれど。
 しかし、本作は非常にありふれた設定、どこかで観たような展開としか言いようがなく、しかもけっこう間延びしていてガッカリさせられた。
 監督のロマン・ペレス・ジュニア(Roman Perez Jr.)は、『ハウスメイド 欲望のしもべ(The Housemaid)』という作品を観ているが、これは韓国映画のリメイクで、それほどオリジナリティはない作品となっていた。また、現在はビバフィルムのもとでエロティックな映画を2~3ヶ月に1本というハイペースで撮っている監督なので、期待する方が無理なのかもしれない。
 とはいえ、フィリピンホラー映画界の大物、ヤム・ララナスが原案を担当しているので、そこに一縷の望みをかけたのだけれどなあ。
 エレンを演じているレン・エスカノは、本作撮影時にはまだ21才。シンディ・ミランダに比べてひっそりしたオッパイが、16才という設定に説得力を持たせていて、それが妙な色気にもつながっている。本作と同じ年にシーグリッド・アーンドレア P・ベルナード監督の『それぞれの記憶(Untrue)』にも出演しているし、若手俳優が顔を揃えているヤム・ララナス監督のホラー映画『Rooftop』などにも出ている。必ずしも、ビバフィルム専属のセクシー女優というわけではなさそうだ。
 一方のマリアンを演じているシンディ・ミランダは、ローレンス・ファハルド監督の『濡れた人魚妻(Nerisa)』を観たときには「ちょっと印象に薄い顔立ちだった」と書いてしまったのだけれど、本作を観るとちょっと気の強そうなお姉さまという感じで、ぜんぜん悪くない。
 そして、またしても出ていました、ルビー・ルイス(Ruby Ruiz)! 今回はシンディ・ミランダの勤務先の社長さんで、関係を持っている若い社員に金庫の金を盗まれているという役柄。この程度の役だったら、演じられる役者はいくらでもいるだろうに、なんで毎回毎回ルビー・ルイスなのだろう?

【映画】ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー

 『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』を観る。
 アルバイトで殺し屋をしているゆうり(丞威)とまこと(濱田龍臣)の兄弟だが、上の指示ミスで殺しのバイト代ももらえず、「やっぱバイトじゃだめだよな。組織に所属する正規の殺し屋にならなくちゃ」と一念発起する。そして、正規の殺し屋になるには組織に入っている殺し屋2人を殺して空席を作ることだと言われて、ちさと(高石あかり)とまひろ(伊澤彩織)のコンビを狙うことにする。
 一方のちさととまひろはというと、たまたま遭遇してしまった銀行強盗を撃退したがために謹慎処分を食らってしまう。組織の掟で謹慎処分中の殺しは厳禁なのだけれど、そんなタイミングでゆうりとまことの兄弟が襲いかかってくるのだった。
 髙石あかり、伊澤彩織のゆる~い殺し屋コンビを主役にしたシリーズの2作目。今回もゆる~いやりとりが独特の雰囲気を醸し出していて、なんともいえず楽しい。前作ではセリフの聞き取れない場面がとっても多くて歯がゆい思いをしたけれど、今回はそこは大丈夫だった。よかった。
 今回は対戦相手が2人ということもあって、アクションは前作より控えめで、しかもシンプルになっている。前回は組織が相手ということもあって、多彩なアクションを楽しむことができたのだけれど。伊澤彩織のアクションをもっともっと堪能したかっただけに、そこはちょっと残念。
 でも、個性あふれる脇役陣にもそれぞれでおいしい場面が用意されていたりして、映画そのものとしての完成度は前作よりも上だと感じた。まあ、アクションシーンが充実しすぎて全体のバランスを崩してしまっているような映画も好きなんだけどね。
 監督・脚本は前作に引き続いて阪元裕吾、アクション監督は園村健介が担当。至近距離での銃撃戦に肉弾戦をプラスするアクション演出は、伊澤彩織も参加している『ジョン・ウィック』の影響が感じられる。こうして、新しいスタイルのアクションがスタンダードとなっていくのだろう。

 

【読書】池央耿『翻訳万華鏡』河出文庫

 池央耿『翻訳万華鏡』河出文庫を読了。
 ハモンド・イネスの諸作、J・P・ホーガンの『星を継ぐもの』などなど、多くの冒険小説、SF、ミステリーでお世話になった翻訳家・池央耿による著書。てっきり、翻訳業界の裏話や苦労話が読めるものと期待して手を出したのだけれど、残念ながらそういう内容の本ではなかった。冒頭こそ、翻訳家となったいきさつなどが語られ、僕の大好きなネヴィル・シュートの名前が頻繁に出てくることもあって喜んで読んでいたが、だんだん自分が翻訳を手がけた作品や著者に関する「解説」が主な内容となり、最後には翻訳や言語に関する文化論とでもよぶべき内容となり、もっと柔らかい内容の本を期待していた当方の許容量のきわめて小さな脳みそはあっという間にショートしてしまった。最近、とみに硬い内容の本が読めなくなっているなあ。
 巻末に著者が手がけた翻訳のリストが掲載されており、それを見るだけで、いままでどれだけお世話になっていたのだと頭が下がる。そして、創元推理文庫に収録されているネヴィル・シュートの『パイド・パイパー』は、角川文庫の『さすらいの旅路』にだいぶ手を入れた改訳版ということを知り、買ったきりどこかに埋もれたこの本も、ちゃんと読まなければと反省させられた。
 ちなみに、46ページに出てくる角川文庫の『絶叫で終わる物語』というのは『悲鳴で終わる物語』の間違いですね。あと、52ページに出てくるネヴィル・シュートの『遠い国』『虹と薔薇』というのは、正しくは『遙かな國』『失われた虹とバラと』ですね。本書は、単行本で出たものを文庫化したのだから、どこかの段階で修正ができればよかったのに。
 なお、著者は昨年の10月に逝去されている。