【イベント】東京創元社新刊ラインナップ説明会2024

 東京創元社の「新刊ラインナップ説明会2024」というイベントで飯田橋まで出て行く。
 ネットで参加者を募集していたので、さほど何も考えずに応募したら「厳正なる抽選の結果、お席をご用意させていただきましたことをお知らせいたします」というメールが届いたのだ。あっさり当選したので、申し込んだ人はみんな当選するのかと思ったら、ぜんぜんそんなことはなかったらしい。今年は応募者が多く、SNSでも「申し込んだけどはずれた」という書き込みがけっこうあった。ミステリファンならぜひ行ってみたいイベントだろうから、自分のようなものが当選してなんとも申し訳ない気分になってしまう。

 受付で名乗ると、封筒を渡されて、その時に渡された番号が座席の番号となる。なんとラッキーなことに前から2列目の座席だ。
 入場して、まずは物販のコーナーに並ぶ。東京創元社のオリジナルグッズの販売もあるのだけれど、自分はサインをもらうための本の購入。本日、ゲストで来場するのは、作家の今村昌弘さん、丸山正樹さん、高島雄哉さん、翻訳家の上條ひろみさんの4名。実に実に申し訳ないのだけれど、まったく作品を読んだことのない方たちばかりだ。これを機会に読もうとは思っているのだけれど、ファンが集まっている中に、自分のような人間が紛れ込んでサインをもらってしまっていいものだろうかと思ってしまう。

※本の購入では現金は使えず、クレジットカードやPayPayなどとなる。レシートの下には「きてくれてありがとうニャ。今年もうちの本をよろしくニャ。」と印字されていた。

※封筒に入っていた「くらり」のシールと、展示コーナーにあった「くらり」の名刺3種

 入ってすぐに関係者席があって、そこに北原尚彦さんを発見してご挨拶。毎回来ているとのことで、「ゲストとして呼ばれる方にまわりたいですね」と言っていたけれど、そのためには東京創元社から本を出さないと。『ドイル傑作集(全5巻)』を出したのは2004~2011年だし、『モリアーティ秘録』を出したのは2018年ですからね。ここはぜひ『新ドイル傑作集』を出してほしい。

 15時半ジャストに池澤春菜さんの司会で説明会がスタート。東京創元社社長からご挨拶がちょっとあってから、各部門の担当編集者による2024年注目の新刊紹介となる。
 また、国内ミステリ紹介のコーナーでは今村昌弘さん、丸山正樹さん、SF紹介のコーナーでは高島雄哉さん、海外ミステリ紹介のコーナーでは上條ひろみさんが登壇して自著の紹介などをしていく。池澤春菜さんの司会ぶりが実におみごとで、ゲストから上手に話を引き出していく。これ、よっぽど作品を読み込んでいないとできない司会ぶりで、そうそう他にできる人のいるようなお仕事じゃないと感嘆してしまう。

※左から池澤春菜さん、今村昌弘さん、丸山正樹さん、高島雄哉さん、上條ひろみさん

 2024年新刊ラインナップで自分的に「おおっ!」と思ったのは、こんなところ。
フレドリック・ブラウン短編全集』。全5巻で文庫で刊行とのこと。『フレドリック・ブラウンSF短編全集』全4巻から「SF」の文字がとれているけれど、あれの文庫化なのでしょう。
スケープゴート(仮題)』ダフネ・デュ・モーリア三笠書房から『犠牲』もしくは『美しき虚像』のタイトルで出ていたもので、自分は『美しき虚像』の上巻と『犠牲』の下巻を持っているのだけれど、上下揃っては持っていないので、これはちょっと嬉しい。
『Vicious Circle(原題)』C・J・ボックス。猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズは今年も出てくれるとのこと。

 ラインナップ説明会のあとは、ゲストとして登壇していた4名のサイン会。恥ずかしい話だが、自分にはまったく馴染みのない作家の方たちばかりなのだけれど、せっかくの機会なので全員の方にサインを入れていただく。並んでいる方たちは、みなさん熱心な読者の方たちばかりで、サインをもらう時にあれこれと話しかけたりしていたのだけれど、自分は話しかけるネタがなにもないので、実に申し訳ない。
 サインをいただいたのは、以下の4冊。
ランドスケープと夏の定理』高島雄哉

『屍人莊の殺人』今村昌弘

『デフ・ヴォイス』丸山正樹

『見知らぬ人』エリー・グリフィス

 ありがとうございました。サインをいただいたからには、この4冊は当然読むつもりです。それは礼儀というものですよね。

 そして、『見知らぬ人』にサインをいただくときに、傍らにいた翻訳ミステリー担当の編集者の方に「C・J・ボックスのジョー・ピケット・シリーズを引き継いでいただいてありがとうございます」と声をかける。もともとこのシリーズは講談社文庫で出ていたのだけれど、講談社文庫が求めている発行部数に届かないため、翻訳が中断する危機にあったのだ。それを引き取って続きを出してくれたのが東京創元社なのである。講談社文庫から出ている頃、翻訳の野口百合子さんが必死にかけあって出していたのをSNSを通じて見ていただけに、東京創元社という受け皿ができたのは本当に喜ばしい。
 さらに「ダフネ・デュ・モーリアの翻訳は、まだ続けてもらえるのでしょうか?」と聞いてみると、それは担当者が別とのこと。それでも「ダフネ・デュ・モーリアには、未訳の長編作品がまだあるので、ぜひとも出していただきたい」とお願いして「担当者に伝えておきます」という言質をいただく。三笠書房でずっと刊行予定となっていながら、とうとう未刊で終わってしまった作品があるので、それはぜひ出していただきたい。正直、難しいとは思うのだけれど、実現してくれたら実に嬉しい。

 というようなイベントでした。自分のような本好き(特に東京創元社で出すような本の愛読者)ならば、誰でも楽しめるイベントだったかと思います。参加費無料のイベントですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

【映画】僕と幽霊が家族になった件

 台湾映画『僕と幽霊が家族になった件』を観る。
 やたらと暴走気味の刑事ウー・ミンハンは、道ばたに落ちていた赤い封筒「紅包」を拾うのだが、それは死者との結婚、冥婚の相手を決めるための封筒だった。しかも、その死者とはゲイの若者、マオ・バンユーだった。冥婚なんてやってられない、しかもその相手が男だなんてとんでもない! 速攻で拒否をするミンハンだったが、連続で襲いかかってくる不運に、泣く泣く冥婚を受け入れる。
 ところがそのバンユーが幽霊となって現れ、自分を車ではねた犯人捜しをミンハンに強要してくる。かくして、しぶしぶながらも犯人捜しに乗り出すミンハンだったが、その捜査線上に麻薬密売組織の大物がひっかかってくるのだった……。
 刑事ドラマといえば『リーサル・ウェポン』『48時間』『ラッシュアワー』などバディものがつきもので、いかに異色の組み合わせにするかでその魅力が決まったりするのだけれど、なんと今回のバディは暴走刑事とゲイの幽霊である。よくそんな設定を思いついたな。
 しかも、要所要所のアクションも充実しているし、コミカルな演出も絶好調だし、泣かせる場面ではグイグイ押してくるし、いうことないじゃん。ミンハンを演じるグレッグ・ハンのコミカルな演技を観ているだけでも飽きないし、バンユーを演じるリン・ボーホンのちょいと浮世離れしたいかにも育ちのよさそうな表情を観ているだけでも癒やされる。そして、ミンハンの同僚の女刑事が可愛いじゃんとか思って観ていたのだけれど、調べてみたら『赤い糸 輪廻のひみつ』でピンキーを演じていたワン・ジンじゃん! そりゃ、可愛いよな。
 監督は『紅い服の少女』のチェン・ウェイハオ。この監督の『目撃者 闇の中の瞳』『The Soul:繋がれる魂』という作品も面白そうだ。

【読書】宮島未奈『成瀬は信じた道をいく』新潮社

 宮島未奈『成瀬は信じた道をいく』新潮社を読了。
 地元で活躍している人を調べて発表するという学校の課題に、成瀬と島崎のゼゼカラを選んだ小学校4年生の北川みらいが、成瀬に弟子入りするまでを描く「ときめきっ子タイム」。
 成瀬の大学受験にふりまわされる父親の困惑を描く「成瀬慶彦の憂鬱」。
 利用するスーパーマーケットで繰り返しクレームの投書をしてしまう女性が、その店でアルバイトをする成瀬から万引きをつかまえる協力を依頼されてしまうという「やめたいクレーマー」。
 成瀬と一緒にびわ湖大津観光大使に就任した、地元の名家の娘の篠原かれんが、成瀬の言動にとまどいながらも、いつしか成瀬に感化されて自分を取り戻していく「コンビーフはうまい」。
 大晦日に「探さないでください」の置き手紙を残して行方不明になった成瀬を、かかわりのあるメンバー総動員で捜し回る「探さないでください」。
 大喜びして読んだ『成瀬は天下を取りにいく』の続篇である。どれもこれも面白い。成瀬のキャラに大きく依存したシリーズであるのだから、どこかでパターンに陥って飽きるのかと思いきや、ぜんぜんそんなことはなかった。とりわけ楽しんだのが「探さないでください」。これは笑った。予想だにしないとんでもない展開になっていくのだけれど、成瀬の父以外はみんながみんな、「成瀬だから」で納得してしまうのがおかしい。

 まだしばらくは、このシリーズで楽しませてもらいたいものだ。

【映画】ときめきサイエンス/エレクトリック・ビーナス

 ジョン・ヒューズ監督の『ときめきサイエンス/エレクトリック・ビーナス』を観る。
 高校生のゲイリー(アンソニー・マイケル・ホール)とワイアット(イラン・ミッチェル=スミス)は、女子には見向きもされないさえない二人組。そんな2人が、パソコンに理想の女性のデータを片端から入力して、電話回線を通じてスーパーコンピューターのパワーをハッキングしたところ、なんと本当の美女(ケリー・ルブロック)が現れてしまう。2人はその美女に「リサ」という名前をつけて、さっそく彼女を引き連れてバーに乗り込んだりするのだけれど、しだいにリサはいまひとつ情けない2人をなんとかしようと暴走を始めてしまう。
 「パーティに来てくれる友だちなんていない」という2人を無視してワイアットの自宅でのパーティを企画すると、リサを目当てのクラスメートたちが続々と押しかけてくる。さらにはリサの仕組んだ暴走族がバイクに乗ったままパーティ会場であるワイアットの家に乗り込んできて大暴れを始めるのだが……。
 年上の美女が惚れてくれるという、男の子の夢をそのまま映画にしてしまったというのが本作。パソコンごときでこんな美女を作れるわけないじゃん、などという疑問はあっさりスルーしてしまうのがさすがはジョン・ヒューズ。そんなことはどうでもいいのだ。
 そして、やっぱりパーティでしっちゃかめっちゃかな展開になるというのがジョン・ヒューズ。このあたりは『すてきな片想い』と一緒で、親が帰ってきたら目をまわすこと間違いなしの勢いで家の中をメチャクチャにしていく。もっとも、こちらは『すてきな片想い』とはレベルが違う。なにしろ、床下から現れた核弾頭ミサイルが屋根を突き破ってしまうし、暴走族は壁を突き破って家の中に飛び込んでくるし、もうめちゃくちゃのやりたい放題。
 というわけでいかにもジョン・ヒューズ監督らしい作品ではあるのだけれど、『すてきな片想い』『恋しくて』のような青春の甘酸っぱさ、切なさはすっぱり切り落としているので、そこはちょいと物足りない。ただし、このテイストは『ホーム・アローン』に引き継がれて大ヒットを飛ばすことになるのだけれど。そういえば、アンソニー・メイケル・ホールって、『ホーム・アローン』のマコーレー・カルキンにちょっと似ているかも。
 ちなみにポスターのケリー・ルブロック、ぜんぜん美人に見えないのは実に残念。若い男の子の妄想炸裂の美女なのだから、もっと魅力的に写った写真を使ってほしかったぞ。

【映画】喜劇 誘惑旅行

 フランキー堺主演の『喜劇 誘惑旅行』を観る。
 なにゆえこんな映画を観たかというと、舞台がフィリピンだから。1972年の日本映画でフィリピンがどのように描かれているのか、ちょっと気になるではありませんか。
 大沢泰三(フランキー堺)と弘子(倍賞千恵子)の夫婦はクイズ番組に出場して、みごとフィリピン旅行をゲットする。だが、ドルショックのために招待されるのはひとりだけと言われ、しょぼんとする泰三だった。ところが、弘子が羽田-マニラ線の開設10万人目の客となったために、夫婦でフィリピン旅行に招待されることになる。かくして、夫婦揃ってフィリピンに行けることになったのはいいのだけれど、クイズ番組のスポンサー企業と、フィリピン航空の両方から招待されることになったものだから、フィリピン滞在中の接待が夫婦別々になったりしてしまう。さらには機内で出会ったデザイナーの卵の清美(尾崎奈々)に泰三がフラフラッとよろめいてしまったり、弘子は弘子で泰三そっくりの大富豪アポカバーナ(フランキー堺)に情熱的にくどかれてまんざらでもない気持ちになってしまったりして、事態はどんどん混乱していってしまうのだった。
 正直、ストーリーはとってつけたようなもので、基本は観光ガイド的な映画となっている。マニラの主だった観光地をまわり、足を伸ばしてタール湖も紹介され、さらには船と飛行機でセブ島観光もおこない、最後にはミンダナオ島にまで辿り着く。移動距離を考えると、なかなか大変な観光旅行だ。クレジットを見ると、「協力:フィリピン航空、阪急交通社フィルパック、マニラヒルトン」とあるので、いかにもフィリピン旅行を行きたくなるような映画にしてほしいというリクエストがあったりもするのだろう。
 もちろん、そういう性格の映画であるからして、あまりフィリピンをマイナスに描くようなシーンはないのだけれど、やはり男性が女遊びをする国みたいなニュアンスの描写はそこここにあった。ジャルパック全盛時代だろうから、実態としてそういうこともあったのだろう。
 意外だったのは、日本人の俳優がけっこうちゃんとタガログ語を使っていることで、場面によってはタガログ語と日本語のちゃんぽんのギャグを飛ばしたりもしている。よくまあ、タガログ語のダジャレなんてのを脚本に盛り込めたもんだ。
 冒頭のクイズ番組では森次晃嗣が司会者として登場し、自宅では森田健作倍賞千恵子の弟として登場してくる。当然ながら皆さん、実にお若い。ワンシーンだけ、ホテルスタッフのフィリピン人として左とん平が登場してくるのだけれど、これがなかなか面白かった。いやあ、芸達者だなあ。

【映画】香港クレージー作戦

 植木等主演の『香港クレージー作戦』を観る。
 小さな飲み屋が建ち並ぶ「のん平横丁」。サラリーマンの植木等はそのあちこちにツケを溜めているのだけれど、立ち退き問題が発生したと聞き、ツケをチャラにすることを条件に行動を起こす。そして、香港に進出してレストランを開業する手はずを整えてしまうのだった。
 かくして、ハナ肇谷啓犬塚弘安田伸桜井センリ石橋エータロー浜美枝を引き連れて香港に乗り込んでいく植木等だが、PR不足で客はまったくこない。そこで、あの手この手で店を軌道に乗せようとするのだが……。
 植木等がいつもの調子のいい男を快演しているのだけれど、実はぜんぜん無責任男ではない。なんのかんの言いながら、しっかり仲間のプラスになるアイデアをひねくりだして、それをガンガン実現していくのである。そこが観ていて楽しい。これが単なる無責任男だったら、こんなに楽しい映画になっていないだろう。
 脚本は『サラリーマン出世太閤記』『社長行状記』などの著書もある笠原良三。「社長シリーズ」の脚本家としても有名だが、『大学の若大将』などの若大将シリーズ、『日本一のゴマすり男』などの一連の植木等主演作などの脚本も書いている。
 クレイジー・キャッツが歌い踊るシーンも当然あるが、それ以上に中尾ミエの歌うシーンがとってもいい。こんなに歌がうまかったんだと、初めて知った。彼女の全盛期をリアルタイムで観てはいても、幼すぎてそこまでは分からなかったもんなあ。音楽担当は神津義行。神津カンナの父親という認識だったのだけれど、中村メイコの旦那さんだったのね(そのあたり、とっても疎いのです)。
 あと、植木等の相手役で出ているのが浜美枝。ビーチに出るなりビキニ姿でゴーゴーを踊っていたけれど、当時の日本人としてはきわだってスタイルが良かったんだろうな。
 他に、有島一郎柳家金語楼淡路恵子由利徹塩沢とき世志凡太などが出ている。
 1963年の作品なので、いまとなっては失われてしまった香港の古い光景をたっぷり観ることができるのも楽しい。

 ところで、勤務時間中に家に帰ってひと眠りした植木等が、「さあ、風呂へでも行って、さっぱりしてぼつぼつ出勤するか」と言って、箱形のスチームバスの並ぶ施設に行くシーンが出てくる。思わず「ああっ、これだ!」と思ってしまった。なにが「これだ!」なのかというと、自分が学生時代に映画を観に行っていた蒲田の映画館で流れていた「トルコ万喜」というお店の広告が、まさにこの箱形スチームバスに入っているお父さんとビキニの女性の絵だったのである。

 このあと、植木等柳家金語楼演じる社長から「勤務時間中にトルコ風呂に行くとはなにごとだ!」と叱責されるのだけれど、どうやら当時は、スチームバスで汗を流して、そのあと垢すりとかマッサージをしてもらえるこうしたお店がトルコ風呂と呼ばれていたものらしい。蒲田にあった「トルコ万喜」が、こうした健全な店であったのか、それともそうでなかったのかは分からないけれど、もしかしたら映画館で広告を流していても、それほど違和感のない施設であったのかもしれない(昭和50年代に入っていたので、それはないのかな?)。

【読書】原田ひ香『古本食堂』ハルキ文庫

 原田ひ香『古本食堂』ハルキ文庫を読了。
 神保町で古本屋を営む兄が亡くなり、その整理のために北海道から上京してきた鷹島珊瑚は、兄が大切にしていた本を処分することができず、店を引き継いで、店で本を売ることで兄の蔵書を処分していこうとする。だが、自宅にある蔵書の量は半端なく、まったく減っていく気配を見せない。
 一方、珊瑚の親戚で国文科の大学院生の美希喜は、以前から大叔父の古本屋に顔を出していたのだが、店を引き継いだ珊瑚のところにも顔を出し、店を手伝うことになる。
 その古本屋を舞台とした連作短編集で、珊瑚と美希喜の一人称形式の物語が交互に語られていく。絶版本と、神保町で味わえるさまざまな料理が、店に出入りする人たちの物語に絶妙に絡んでいくという作品で、よくまあこういう組み合わせの連作短編集という設定を思いついたものだと感心してしまう。そして、その難しい設定でありながら、よくまあこれだけみごとな物語として形にしたものだなあと、これまたしみじみ感心してしまう。
 実に面白いし、とても気持ちのいい小説だ。まだ単行本にはまとまっていないが、続篇も書かれているようなので、それも楽しみだ。